FACES(フェイシス)の特徴
パラレル バイポーラ方式といいます。
吸引しながらRF(ラジオ波)のエネルギーを皮膚に照射できることです。 ヤケドを防ぐことができ、 モノポーラ方式は皮膚の深部に効果をだすために強いエネルギーが必要になります。 表皮の損傷も否めません。吸引式の場合、強いエネルギーを使っていないので、皮膚の損傷もありません。全身への影響がなく安全で、痛みの少ない治療です。
治療機の特長
FACESが採用する吸引式のパラレル パイポーラ方式は、真皮層に存在するコラーゲンに対して効果を及ぼします。コラーゲンは20歳前後まで真皮層にある繊維芽細胞が活発に細胞分裂を行うことによって作りだされ、エラスチン(弾性繊維)とともに皮膚のクッション役をしています。コラーゲンとエラスチンがきれいに並んでいる状況ができていると肌のはりを保つことができます。ところが年齢とともに徐々に細胞の活性化が衰えていくと、コラーゲンを作りだす速さが遅くなります。皮膚はコラーゲンの衰退により表皮の重さに耐えることができず、重力によって肌が下がり、肌のはりを保つことができなくなります。

そこで、コラーゲンを作りだす繊維芽細胞を再度活性化させるためにRF(ラジオ波)エネルギーを使って刺激を与える治療が非常に効果的です。実際には、コラーゲンに50℃〜60℃の熱を加え一時的に細胞を収縮させます。細胞が収縮したことによって皮膚の再生機能が高まりコラーゲンを作りだす数が増えます。これは切り傷やすり傷が自然に治るのと同じ原理です。皮膚の再生機能が高まることはコラーゲンの数が増えるだけでなく、皮膚内部の新陳代謝が活性化することにもなります。その結果、皮膚のはりがでるだけでなく、きめの細かい肌に代わってきます。
このようにコラーゲンの再生を促すことにより、皮膚の引き締め・リフトアップ・しわの除去などができるというわけです。

既存の類似治療の技術では、コラーゲンのある真皮層ではなく表皮にエネルギーが伝わりやすく、真皮層のコラーゲンまでエネルギーを伝えるには高いエネルギーが必要になります。

施術してみたい方へ
阿部皮フ科クリニック

院  長: 阿部 竜彦
住  所: 旭川市永山2条4丁目 P有り
T E L :0166-46-1211
診療時間: 月・木 AM9:00〜PM6:30
火・金 AM9:00〜PM6:00
水・土 AM9:00〜PM0:30
昼 休 み PM0:30〜PM2:00
PM0:15〜PM2:00(金曜日)
休 診 日: 日曜日・祝日

お気軽にお電話ください。
0166-46-1211
カウンセリング実施中

当院の関連サービス








阿部皮フ科クリニック 医院紹介 阿部皮フ科クリニック
脱毛しみ・あざ・ほくろケミカルピーリングフォトフェイシャルフェイシス